熱帯雨林に行って自然を観察したり、植物を採取したりしています。RIO便として活動中。


by RIO@熱帯雨部屋

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
【PLANTS】
【FIELD】
--Japan
--Abroad
#000 Sarawak
#001 Sarawak
#002 North Sumatra
#003 Sarawak
#004 Sabah
#005 North Sumatra
#006 North Sulawesi
#007 Sabah
#008 Luang Prabang
【SALE】
【EVENT】
【CODE】
【BOTAコン】
【OTHERS】

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2017-07-17 17:03
Merek(4)
at 2017-04-03 11:27
Merek(3)
at 2017-04-03 10:35
Merek(2)
at 2017-04-03 10:01
Merek (1)
at 2017-04-02 22:55

twitter

Tebakang-1(2/2)

2014/05/01
"Tebakang-1"
Sarawak, MALAYSIA


e0218504_14541960.jpg
e0218504_14542763.jpg
ショウガ科の一種
この怪しい葉裏の艶。
かなり格好い。


e0218504_14543198.jpg
Labisia sp.
恐らくヤブコウジの仲間のLabisia属
こんな細葉のものまであるとは思っていなかった。


e0218504_14543564.jpg
Codonoboea sp.
岩に着生していて、茎は木質化している。


e0218504_14543925.jpg
Pleuromanes pallidum
白いコケシノブ。
まるで和紙を切り抜いたかのような質感。
見つけられたのはこの1塊のみだった。


e0218504_14544399.jpg
Freycinetia sp.?
恐らくツルアダンの仲間。
こう見ると完全に雑草...。


e0218504_14544638.jpg
Huperzia nummularifolia
見てみたいと思っていたものが見られた。
丸葉が連なる様子がスパンコールのようなフペルジア。
葉先が岩や土に到達するとそこから根が生えて成長点になるようだ。面白い!


e0218504_14544937.jpg
Ficus villosa
毛むくじゃらフィカス。


e0218504_14545338.jpg
Selaginella sp.
岩に着生する蔓風のセラギネラ!
一瞬コケシノブかと思うような生え方。
葉先が細く伸びるのが特徴。


e0218504_14545739.jpg
Teratophyllum aculeatum
通称バードウィング。


e0218504_14550129.jpg
Unknown sp.
よくわからないツタ。丸葉が可愛らしい。
活着しているのは岩ではなく、フタバガキの仲間の木の根。


e0218504_14550563.jpg
Leea amabilis
ブドウ科の植物。
濃緑にホワイトライン、葉裏は赤色。
ハイスペック雑草。


e0218504_14551472.jpg
Selaginella sp.
幅広な立派なセラギネラ。葉1枚が親指の太さほど。
セラギネラは多様で飽きない。


e0218504_14551838.jpg
Diplazium cordifolium
青光りのディプラジウム。
現物を初めてみたが、こんなに大きいとは思っていなかった。

# by jungle-rio | 2014-05-09 11:46 | #001 Sarawak | Comments(4)

Tebakang-1(1/2)

2014/05/01
"Tebakang-1"
Sarawak, MALAYSIA


e0218504_14013114.jpg
Homalomena sp.
一番最初に現れたのがホマロメナ。
艶葉×緑葉×赤軸の現地で一番多く見られるタイプ。


e0218504_14013726.jpg
Homalomena cf. griffithii
大きくなるため採取は躊躇ってしまうが、現地で見る分には迫力があり格好良い。


e0218504_14014544.jpg
Crepidomanes sp.
川沿いの木に着生していた。
意外と森の中では乾燥気味の場所に生えていたが、縮れず綺麗に育っていた。


e0218504_14014941.jpg
Homalomena sp.
早くもホマロメナ3種目。
葉脈が出るタイプ。
増水時には完全に沈水しそうな川辺。


e0218504_14015403.jpg
Homalomena sp.
上のホマロメナと同種のセミナロータイプ。
写真でも分かるように、もう水中行けるんじゃないかってくらい水際。


e0218504_14015999.jpg
Homalomena cf. griffithii
次から次へとホマロメナが登場。
これは新芽が色付き綺麗だ。


e0218504_14020596.jpg
Pinanga crassipes
川を渡ると模様が美しいヤシの仲間が現れた。
毒々しい模様には独特な雰囲気がある。
新芽はピンクになり、これまた美しい。


e0218504_14021024.jpg
Schismatoglottis cf. motleyana
シルバーラインのスキスマトグロッティス。
サラワクの川辺の土手によく見られる。
シルバーラインだけではなくバリエーションがあって楽しい。


e0218504_14021377.jpg
Scindapsus treubii
ピクタスよりお上品な印象。
ピクタスはどこでもあるが、こっちはピクタスほど多くはない。


e0218504_14021729.jpg
Homalomena sp.
ビロード!
ハッとするようなこの緑色が森の中では一際目立つ。
サイズも質感も良いホマロメナ。


e0218504_14022109.jpg
Homalomena sp.
こんな美しいパッチがあったり。
こんなのを見つけるとボルネオに来て良かったとつくづく思う。
赤もいいけど、このノッペリとした緑も外せない。


e0218504_14022520.jpg
イワタバコ科の一種
Henckelia?
ボツボツが格好良すぎる...。
ボツボツの部分だけ色が濃いのもチャームポイント。
ただ...これかなりデカい。
探しに探して子株を採取することができた。


e0218504_14023650.jpg
ショウガ科の一種
葉の表面の色合も凄いが、葉裏が真紫でさらに衝撃的。
なぜか周囲10メートル範囲にしか生えていなかった。

# by jungle-rio | 2014-05-08 21:09 | #001 Sarawak | Comments(2)